兵庫県神戸市北区に新築一戸建て住宅分譲地「ルナ神戸西鈴蘭台」誕生!

MENU

QUALITY

高気密・高断熱の家

建物全体を屋根裏から床下まで隙間なく、
高性能な断熱材ですっぽりと覆う
木造外断熱の家「Kurumu」。
夏は涼しく冬は暖かな、
一年を通して心地よい室内環境。
快適&開放感にあふれた住まいを
ご用意いたします。

家の外側に断熱材を施工する外断熱工法で
「熱と湿気を抑える」高気密・高断熱の家

高気密・高断熱の家

1屋根を断熱

屋根の断熱方法によって、2階の各部屋や屋根裏の室温に大きく差が生じます。
断熱材を躯体の外側で施工することで、外気温の影響を受けにくくし、部屋中快適な空間を実現。
(ロフトや収納など屋根裏のスペースや廊下などでリモートワークにも有効活用できます。)

屋根を断熱

2壁面を断熱

壁面の断熱方法によって、壁際や窓際での温度差に差が生じてきます。
躯体の外側を隙間なく断熱材を張り合わせることで、家全体の断熱性能を高められ、家中の温度が均一に保たれます。
外気温と室温の差で生じる結露などの影響によるカビやダニの発生を抑えます。

壁面を断熱

3基礎を断熱

通常、断熱材を施工しない床下も基礎の立ち上がり部分に断熱することで、床下からくる足元の冷えを抑えられます。
冬の寒い時期でも靴下を履かずに裸足でも快適です。またダウンリビングや収納など床下のスペースを有効活用することも可能となります。

基礎を断熱

他の断熱材との違い

断熱材は、TOPクラスのウレタンを標準採用しています。
「省エネルギー対策等級」で最高等級4に適合

※省エネルギー対策等級は「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」の住宅性能表示制度の10分野の一つである温熱環境の評価項目です。

他の断熱材との違い

硬質ウレタンフォームとは

硬質ウレタンフォームの特長

硬質ウレタンは、発泡させたスポンジ状の断熱材で、細かな独立気泡で形成されたプラスチック発泡体です。

  • 1製造時に面材の間で発砲させ、圧力でくっつくため気泡も少なくめくれにくい
  • 2面材にアルミ箔を使うことで、輻射熱を大幅に遮る効果がある
  • 3湿気に強い(高防湿タイプ)
  • 4熱痩せしない
  • 5耐久性が高い
  • 6アルミ箔系の気密テープを使用できるので経年劣化しにくい

硬質ウレタンフォーム 硬質ウレタンフォーム

“外断熱の家”は、家全体を断熱材で丸ごと包んでこそ、効果が発揮されます

各社の数多くの外断熱工法の中から、比較のためにいくつかピックアップしました。

他社との比較 他社との比較

断熱材の組み合わせや張り方はまちまちですが、各社とも”外断熱”と呼んでいます。
”外断熱”とひとことで言っても、その断熱方法は各社さまざまなので、仕組みをよく理解し、用途に合わせて選ぶことが必要です。

”気密・断熱性能”の判断基準となるのが、「UA値」と「C値」です。

※当社モデルハウスにより算出。
立地や間取りなど諸条件により異なります。
詳しくはお問い合わせください。

UA値(外皮平均熱貫流率)とは

住宅の断熱性能を数値で表したもので
値が小さいほど断熱性能が高いことを
表しています。
KurumuはUA値 0.43W/(㎡・K)。
寒い冬でも寝る前にエアコンOFF後、
朝には約20°Cを保つほどの
高い断熱性能です。

C値(隙間相当面積)とは

住宅の気密性を表す数値で、
隙間面積を延床面積で
割り出した数値です。
数値が小さいほど気密性が高いことを
表しています。
KurumuはC値 0.35㎠/㎡。
当社は全邸気密測定を実施しています。

複層ガラスとアルミ複合サッシを標準装備

熱伝導率の高いアルミの露出面積を小さくし、逆に熱を通しにくいガラス面積を大きくする事で最高水準の断熱性能を実現したスマートシナジーシステムのサッシを採用。ガラス面が広く開放感もありながら、最高水準の断熱性能を実現しています。

フレームイン構造イメージ図

障子の框の露出を少なくし、加熱による変形を抑制。また、ガラス面も拡大し、シャープで開放的なフォルムで安定した防火性と高い断熱性を実現しました。

複層ガラスイメージ図

高い断熱性を誇る特殊金属膜(Low-E膜)と複層ガラスの空気層により、快適な暮らしをサポートします。

フレームイン構造イメージ図

障子の框の露出を少なくし、加熱による変形を抑制。また、ガラス面も拡大し、シャープで開放的なフォルムで安定した防火性と高い断熱性を実現しました。

複層ガラスイメージ図

高い断熱性を誇る特殊金属膜(Low-E膜)と複層ガラスの空気層により、快適な暮らしをサポートします。

高性能オール樹脂サッシ APW330を標準採用しています。

高性能オール樹脂サッシ

Low-E複層ガラスだから熱の出入りを軽減します。
ガラス構成:3㎜+中空層16+3㎜

※ガラスの組合せやサイズによって異なります。

2枚のガラスの中空層とガラス内側の金属コーティングにより熱の伝わりを軽減。単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。

目的別に選択できるガラスでよりよい効果が得られます。

夏場の冷房効果を高める遮熱タイプと冬場の暖房効果を高める断熱タイプをお選びいただけます。

樹脂だから結露の発生を軽減します。

樹脂の熱の伝わりは、アルミの約1,000分の1。
室内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減します。

熱貫流率1.37

【アルミスペーサー仕様】
たてすべり出し窓 + FIX連窓
[16513サイズ]
Low-E複層ガラス
ブルー・アルゴンガス入
※窓の熱貫流率
(JIS A 4710:2015に準じた試験値)

※熱貫流率とは、熱の伝えやすさを表した値のことで数字が小さいほど性能が良いことになります

創建についてAbout SOKEN

  • 創建の街づくり
  • 神社プロジェクト
  • 感謝の集い
  • おすすめ物件